公共・産業用太陽光発電「エネフィールド+」

HOME » 公共・産業用太陽光発電「エネフィールド+」 » 補助制度

法人向け補助制度(全量買取・グリーン投資減税)


太陽光発電の法人向け支援制度を活用




全量買取制度


全量買取制度とは、公共・産業用施設など非住宅に導入された太陽光発電システムによって発電した電力は全て電力会社が一定の価格で買い取ってくれるという制度です。 固定価格買取制度とも呼ばれます。つまりエネフィールド+で発電した電力は全て電力会社に売ることが可能ということです。

発電した電力が無駄になることがなく、全て収入にかえることができるため、今が太陽光発電導入の大きなチャンスです。

全量買取制度イメージ図




グリーン投資減税


グリーン投資減税とは、エネルギー安定供給の確保と低炭素成長社会の実現を目指すために、太陽光発電システムなど再生可能エネルギー設備への投資を重点的に支援する制度です。

法人が太陽光発電などの対象設備を取得し、それを1年以内に事業のために使用した場合、取得価額の30%の特別償却(一部の対象設備については即時償却)または7%の税額控除(中小企業のみ)のいずれかを選んで税制優遇を受けることができます。

大きな優遇制度が活用できる今こそエネフィールド+導入の好機です。

※グリーン投資減税の詳細は資源エネルギー庁のホームページをご覧ください。

グリーン投資減税



「エネフィールド+」についてのお問い合わせ・ご質問



  • PAGE TOPへ

Contents

よくある質問

セールスパートナー募集中!

太陽光発電システムの取扱店・
販売代理店大募集中!

セールスパートナーの詳細はこちら