太陽光発電・太陽電池・ソーラー発電のNEMY

太陽光発電・太陽電池・ソーラー発電のことならネミー株式会社

menu

NEMY'S ブログ

自家消費型太陽光発電とは?

2019年01月30日

こんにちは。

 

近頃ニーズの高まっている、自家消費型太陽光発電はご存知でしょうか?

電気をつくって使う、これから主流となる自家消費型の太陽光発電。

電気代削減や節税などにもつながり、複数のメリットがあります。

 

 

 

・・・自家消費型 太陽光発電とは・・・

  1. 所有者の屋根、土地などに太陽光発電設備を設置し、発電した電気を所有施設内で消費します。不足分の電気は、従来通り電力会社から供給される電気を買います。

  2. 電力会社の送電線に連携接続せず(電気を売る、固定買取制度[FIT]としない)、つくった電気を所有の施設内で消費することを目的に太陽光発電を設置します。

  3. 固定買取制度の買取価格の低下や出力制限に影響される、「電気を売って収入を得る」のではなく、電気をつくって自家消費する考え方への支持が高まっています。

 

 

 

・・・自家消費型太陽光発電にすることのメリット・・・

 

  • 電気料金が安くなる!

早朝から夕方まで、太陽が出ている時間は発電をします。

事業所が稼働している日中は、太陽光発電をする時間帯であり、発電した電気をそのまま使うことができます。

 

  • 節税対策になる!

自家消費型を対象とした税制優遇があります。

 

  • エコ企業としてのアピールに!

電気をつくって使う自家消費の実践は、積極的な環境への取り組みになります。

 

  • 補助金を受けられる!

自治体により制度や予算も異なりますが、最大設置費用の1/3も出る可能性もあります。

 

  • 災害時の対策にもなる!

もしもの時に、日中、太陽光発電が出来ていれば、発電分の電気が使えます。

※発電量に応じた電力分しか使えません。多くの電力を要する電気製品は一度に複数使えない場合があります。

 

 

 

このように様々なメリットのある自家消費型太陽光発電は、今後さらに需要が増えていくことでしょう。

ネミーでは、日中に電気を消費するオフィスビルや営業所、工場や倉庫を所有されている企業様にご提案し、導入していただいていただいている実績があります。

 

ご興味をもって頂けましたら、ネミーまでお気軽にご相談ください。

ワンストップでお客様のご要望に沿った電気にかかわる対策を叶えます。